ライフカンファレンス日光ケアステーション

日光市の在宅介護といえばここと言われる会社を目指す

ご利用者様一人ひとりが行き届いた在宅介護のサービスを受けられるように、ケアマネージャーが一人ひとりが受けられる制度を選定し、ご希望があればその手続きまで行っております。ご利用者様とそのご家族様に信頼していただけるよう、ご利用者様の立場に立ったプランニングをいたします。

ご利用者様一人ひとりがそれぞれに充実した彩り豊かな人生を過ごしていただきたい想いから、ご利用前に必ずしっかりとしたヒアリングの時間を設け、ご利用者様とそのご家族様に最適なケアプランを設定いたします。

ライフカンファレンス日光ケアステーションの特徴

十人十色の考え方にしっかり向き合う支援システム

拠点を日光市に置き、広い範囲に向けて在宅介護の支援サービスを行っています。行政から民間まで支援制度は幅広く存在し、その全てを把握して活用することは難しい実態から、ライフカンファレンス日光ケアステーションではご利用者様一人ひとりに専属のケアマネージャーを配属させることでほぼ全ての制度に対して対応することができ、その制度の内容も噛み砕いてわかりやすく丁寧にご利用者様とそのご家族に説明できるような体制を実現しております。

また、十人十色にご利用者様が思い描く豊かな人生設計や、どれを良いとし悪しとするかの考え方も異なってくるため、ご利用者様に適したケアプランの実現をしっかりとしたヒアリングをもとに作成しております。必要であればご家族に許可を得た上でご利用者様の主治医に意見を仰ぎ、様々な人の目が通った客観的にバランスのとれたプランをご提案し、月1回ペースでブラッシュアップも行っていきます。

人に向き合うことで生まれる温かさを体現していく

ご利用者様の意思を尊重したサービスの実現に重きを置いているため、サービス開始前にしっかりとしたヒアリングをご利用者様とそのご家族に行っています。そのヒアリングを通して、ご利用者様が大切にしている価値観や考え方、生活サイクルなどを汲み取って一人ひとりに適したケアプランを作成しております。そして、それらのケアプランに関しても日々変化するライフスタイルと考え方の変化に対応できるように月1回を目安にブラッシュアップの時間を設けております。これによって、その時のご利用者様に最も適したサポートが行えていると自負しております。

また、ケアプランの作成において必要であればご家族の許可を得た上でご利用者様の主治医にも意見を仰ぐことがあり、それ以外にもケアマネージャーや担当のスタッフが皆でミーティングを行い、より良いプランに向けて意見を出し合い設定しております。